<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 30日

八丁土蔵

昨日で展示などを終えれるかと思ったら甘かったです。
いろいろ細かい作業もあり、もう一日展示の時間をとって頂いて助かりました。

夕べは花巻温泉郷の台温泉「観光荘」に飛び込みで泊めてもらいました。
ここの湯はいいですよ〜
3年くらい前に立寄りの湯で入りました。昨夜は泊まったので0時頃にも浸かりました。
わたし一人で貸し切り状態の男湯でした。




 
c0156162_23473184.jpg


今日も快晴。土蔵の外は蝉時雨です。



この日も学芸員の伊藤さんに文字や紙を試して何度も打ち直してもらったキャプションをつけ、学芸員の平澤さんに作ってもらった看板のバナーを吊っていただきました。一階と二階の展示作品のコーナー前にそれぞれ拙文と略歴の出力をアクリルにサンドしてねじ止め。いろいろ見えない仕事がありました。私以上に熱心に神経細やかに取り組んでい頂いている皆さんは感謝してもしきれません。
ありがとうございます。

20時も過ぎてお腹がすきました。平澤さんと近所の中華でラーメン&チャーハン。
ごちそうさまでした。
ここで散会、私は青森を目指してアクセル踏みます。


深夜2時をすこし過ぎて帰宅。

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-30 23:44 | 個展
2012年 08月 25日

プリン展 搬出

数日続く暑さに汗だく。でも痩せない、、、あぁ。

13日から盛岡市のクラムボンという喫茶店で開催の第11回 プリン展「そうだ、糟田戸村へ行こう」が最終日。搬出で盛岡まで日帰りドライブ。
高速で向かう途中に雨。こりゃ盛岡はずぶ濡れになるなぁ、と思いきや途中だけの天候急変だった。
途中からナビに騙されておりたことのないインターで国道に出ると渋滞。データ古くてナビにない道を抜けて盛岡市内へ。
おや? 村上善男さんのお別れ会の会場だったバイパス横の平安閣はクローズして随分経つのか。ロープが張られた入口あたりは背の高い雑草が生い茂り人気なく廃墟の様子。盛岡市内も元気に生き残っている店舗以外は空家/貸家か駐車場。街の景色が変わります。

プリン同盟 青森支部員 tさんとクラムボンで合流。tさんはおねえさんと一緒に白いツーリングワゴンで颯爽とおみえ。米内で冷麺を食べましょう、と行ったらプチ行列。待つ間に彩園子と正食普及会を覗きました。画廊では常設展ながら義重さんや山口長男のドローイング、菅 木志雄さんの立体とドローイングなどが無造作に飾られている。無造作すぎて「持っていかれないかな?」と少し心配になるほどです。

彩園子で次回から始まる連続企画展も気になります。
知っている作家さんも数名参加されますが、やはり若い世代の仕事に興味も湧きます。
世代よりも時代の中で制作を続けてこれたことが、すなわち、意味と理由のあることだと思われます。参加される作家では大宮政郎さんや新里陽一さん小笠原卓雄さんの名前を見つけ嬉しくなります。盛岡などで30年以上前から存じ上げている作家さんたち。「継続」というだけではなく、今にある作家の生き方とか処し方が想起されます。現代美術系ではすぐに「次世代」「ニュー」「新人」という括りで語られてめまぐるしく顔が変わりますが、10数年前の新人達が今 何をしているのかが気になりますし、今 新人として取り上げられた作家が20年後に何を作っているのか…にも興味本意ですが関心あるところです。閑話休題、、、

米内にもどり少し遅めの昼食にありつきます。友人と一緒に食べた方が味覚(付随していろいろな感覚も)がふくよかになります。会食は健康によいですね。肉の品評が楽しい、聞くばかりの私。

そばを流れる中津川沿いに歩き「ひめくり」へ。
雑貨や前から探していた「紙モノカタログ」の3を発見し即買い。

クラムボンへ戻り食後の珈琲とプリン。歓談。

仙台の啓ちゃんが突然クラムボンに現れてびっくり。先日も格安週末JRチケットで青森に来てて振り回されたが、行動に瞬発力と意外性がある大学の同級生。混んでいる店内で相席。
今回はetc割引を使ったそうだ。来週には私も花巻市東和町との行き来がある。これは要チェックだな。



1人になり搬出の20時までは時間もある。旧石井県令邸へ。
近藤 克 岩手大教授による企画展「抽象絵画―分かるとは―」を見る。近藤先生在廊。

雫石の新里陽一さんのアトリエ(画廊)へ。電話すると元気な声。「自宅の方で待ってるから」
開催中の展示は新里さんが知ってる友人たちに依頼して、要らなくなった文具を郵送で送ってもらったものを展示するという企画。私もお願いされていたが、盛岡へ行く時に直接持参しようと車に乗せっぱなしでした。版画制作時に作業机に敷いていた紙ですが、無意図に付いたインクや走り書きの汚れがあるものです。届いた文具や画材や拾ったものや手紙(もあったそうだ)など、封書で送られてきたもの(まるで「メール・アート」です)を新里さんは規制サイズの透明封筒に入れて壁にピンナップ。広い壁にずらりと並んでいるとコレクション的に壮観です。私の「下敷き汚れ紙」は大きめサイズの封筒にも少し切らないと入らない。自分で切って封入。その作業をさせてもらったテーブルは制作中の(次回の彩園子への出品作品)品ベニヤ(4×9 尺)。カッターで傷をつけないように注意。そしてその場で新里さんが壁の列に加えてくれた。しかし、展覧会の告知はしていないようだ。知り合った地元ラジオ局の人にも郵送をお願いしたら「そのラジオの取材で5分ほど流れたよ」と屈託がない。というか、見せることに拘っていなさそう。自由人です。

暗くなってきた。クラムボンへ戻る。なんとか20時前には付いて撤収。
メンバーは(前回も感じたが)特別 打上げモードで一緒に飲みに流れるでもなく、各自それぞれの用事で散会。集まる時にはしっかり「総会」開いているんですけれどね。


直利庵で夕食を食べて帰路につきました。
国道を北上。途中ガスってて怖い。八甲田を越えるとショートカットできるが、きっと濃霧だろうと予想され怖じ気づく。4号線をそのまま下り0時を少し過ぎて帰着。私の車ではどう走っても4時間はかかります。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-25 23:45 | 展覧会
2012年 08月 19日

嶽きみ

母「嶽のきみが食べたいね」

快晴の残暑の中を弘前へ。
途中、田中屋さんへ寄って個展の葉書を置かせていただく。


「かふく」でかなり遅い昼食。

「アソベの森」で入浴。

嶽方面にハンドルをきる頃には17時。
とうもろこし売場のテントはほとんど店じまいしている。
一軒だけ開いていたお店で7本千円 購入。プンと実がつまっている。


夕食に「けやき」特製オムライス。

帰宅後に茹でた「嶽きみ」は先端まで実の詰まった美味しいとうもろこし。
2本食べて仕事。明日から額装に廻す。もう時間がないな。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-19 23:23 | 季節
2012年 08月 18日

55おっさん同窓会

今日も暑い。
仕事部屋の温度はサウナのようで、もう時間のない私にはそれでもそこで作り続けなければならない。


夕方から飲み会。帰省している高校時代の悪友を囲んでオッサンで集まる。
暑さと制作で時間感覚がなくなってしまい気づくとそろそろ17時。
陽の高さもあってまだ昼下がりと思っていたら、メールで「みんな揃った。あとは君だけ」にあわてて家を出る。もうバスでは本数がすくなくてまた時間がかかる。しょうがなく街場まで車で行って某所に置かせてもらう。帰りは代行かな。

「ゆうぎり」にて他5名と合流。55歳おっさん達。
そろそろ社会のなかで終わりの見えかける時代。秋だ。死んだ同世代の名前も上がる。子供たちも成人している。そうした話題になる。

三次会は「アトム」で。遅れてやってきたNとの乾杯後に4人が帰った。
Nと帰省中のTとで飲み続ける。
「締めにラーメン」は身体が受付けないと思っているのだが、付き合って「友楽」のラーメンをすする。。。。う〜ん、メタボな腹がまたまたのさばりそうで怖い。

Nとタクシー相乗りで帰宅。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-18 23:52 |
2012年 08月 04日

祭り

ねぶた祭を見る。



「ホテル青森」前の交差点は、駅側からやってきたネブタが90度方向転換してゆくポイント。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-04 23:23 | 季節
2012年 08月 03日

日常

橋本尚恣「日常 - 通過点・到達点 - 」展

c0156162_325532.jpg

「浅き眠りに」 ドライポイント モノタイプ 和紙 墨 6.8 × 6.8 cm

 2012年9月1日(土)~11月11日(日) 9:00~16:30

 萬鉄五郎記念美術館 八丁土蔵ギャラリー
 月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)
 入場無料



8月に入って熱戦「オリンピック」と汗にまみれる「ねぶた祭」をまとったこの気候の暑苦しさの上に、月末に展示する拙作の制作全貌がいまだ見えてこないという精神的な重圧。
暑くて重いのはキツくてイヤだよ、、、、と嘆きたくなる。
、、、そうしてもしょうがありません。作れ、作れ。

昨日、その案内状の校正をメール添付で拝見しました。
萬鉄五郎記念美術館の学芸員のみなさんにも本当にお世話になってます。
足むけて寝れません。ありがとうございます。

すこし文章をいじって返信。でも、こんなんでいいのかなぁ、、、

サブタイトルを「日常 ― 通過点・到達点― 」としました。

案内状の校正をみていたら会期を間違って認識しててあわてました。
11月11日(日曜)までです。

お世話になり続けています。

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-03 18:41 | 作品画像
2012年 08月 02日

怪現象?

暑い暑い。

深夜2時から3時を寝苦しく汗だくになっていた。
、、、、ら、突然に玄関のチャイム音が鳴り響いた。
時計をみると3時43分。
こんな夜中に来客?
いぶかっていたらまた鳴った。
我家のチャイムは1度押すとあるフレーズを奏でるのだが、いささか古くさく騒音にしか聞こえなくてイライラする。そんなものが深夜に鳴り響くというのも迷惑の二乗である。
いろいろ思いながら身支度して階下へ。




しかし、誰もいない。

我家の玄関チャイムのスイッチは風除室(寒い地方には玄関ドアの前にもうひとつドアがあり空間がある)を抜け玄関ドアを開けた場所にある。そしてもうひとつ内ドアがあるんだよね。
夜はドアに鍵をかけるので、外から来た人はチャイムのスイッチを押せない。
ドアの鍵はかかっている、、、、、、誰がどうやってチャイムを鳴らしたんだ?



夏の夜の恐怖。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-08-02 23:45