AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 05日

北奧氣圏 第13號


手元に「北奧氣圏 第13號」が届きました。

c0156162_15345852.jpg


c0156162_15472285.jpg


 
c0156162_15472829.jpg


 

北奧氣圏 第十三號 特集《 津軽・代官町界隈 》


執筆者
特別寄稿  伊藤二子(口絵)
      猿渡 豪(短歌)
      高松遊絲(俳句)
      原田勇男(エッセイ)
      比留間千稲(小説)
      マリ=クロード・グラニエ(童話)
      望月苑巳(詩)
 
氣圏人   石田和男(エッセイ・詩)
      今泉昌一(エッセイ)
      鎌田紳爾(エッセイ・評論)
      児島倫子(エッセイ)
      辻 綾乃(詩)
      橋本尚恣 (表紙・挿画)
      船越素子(エッセイ・詩)

2018年 4月30日 発行
編集人   鎌田紳爾
発行人   船越素子
発行所   北奧舎
装丁原案  村上善男

定価 800 円(税別)
 

[PR]

# by aura-21 | 2018-07-05 15:36 | 作品画像
2018年 06月 07日

下北半島 尻屋崎灯台

下北半島へ遠出。

車を変えてから半年が過ぎた。
遠出の虫が騒ぐもののイマイチ踏ん切りがつかなかった。

快晴に誘われた。
場所も初めて踏みいる地域。行ったことのない青森県の右上先端。
テレビのニュースでみた「尻屋崎灯台」公開中の話題。
ここを目指して走る。


c0156162_11313268.jpg

c0156162_11220941.jpg



撮った動画は音声を編集(無料音源)してアップします。
なんだか登ってクラクラしてます。


寒立馬も初めてみました。

c0156162_11253655.jpg
c0156162_11291544.jpg

ここから 大間崎へ。


[PR]

# by aura-21 | 2018-06-07 19:20 | ドライブ
2017年 12月 16日

あかりのありか 14th - 反射 [リフレクション]



あかりのありか 14th - 反射[リフレクション]


c0156162_01222451.jpg

参加作家
 阿部太一 石田 徹 岩井康賴 小野寺彩子 齋藤さち子
 櫻田真智子 佐藤広野 竹浪比呂央 立崎博則 塚本悦雄
 対馬みさこ 手塚茂樹 中島 修 中村 薫 野坂徹夫
 野村孝志 森内忠大 橋本尚恣 広瀬 優 +dS(舘山 大)
 蒔苗正樹 安田修平 山岡真以子 山谷雅英      
 

c0156162_01223981.jpg


2017年 12月16日(土)〜 29日(金)
10:00 - 17:00  入場無料

● 16日(土) 16:30 - 18:00 会場にてオープニングパーティーを行います。
 ぜひ お気軽にお立寄りください。

ギャラリーNOVITA
 030-0801 青森市新町 1-11-15
 TEL. 017-773-3746


c0156162_14385292.jpg





[PR]

# by aura-21 | 2017-12-16 01:25
2017年 11月 12日

カタコト テリトリー


本日 12時で「ひろさき美術館 2」展示
無事 終了いたしました
ご来場のみなさま スタッフのみなさま
どうもありがとうございました

拙作を展示した部屋
窓の外には「岩木山(津軽富士)」






[PR]

# by aura-21 | 2017-11-12 12:34 | 作品画像
2017年 11月 11日

「ひろさき美術館 2」

長かった会期も 明後日 11月12日(日曜)の昼 12時までとなりました。
拙作の画像をアップします。

c0156162_05350632.jpg


c0156162_05351106.jpg
c0156162_05351575.jpg
c0156162_05352022.jpg
c0156162_05352626.jpg





[PR]

# by aura-21 | 2017-11-11 05:36 | 個展/グループ展 履歴
2017年 09月 25日

「ひろさき美術館2 -Silent Studies-」

c0156162_23443689.jpg




 「ひろさき美術館」は、弘前に点在する歴史的建造物に現代アートを展示することで、弘前の歴史的文化と現代のアートとのお互いの新たな魅力を創出することを目的として企画されました。
 その第一回目となった昨年夏の「ひろさき美術館-マレビトの祀り-」展は、仲町重要伝統的建造物群保存地区の公開武家屋敷4軒において、4名の作家が個展形式で作品を展示しました。
 そして第二弾となる本展は、旧弘前市立図書館が舞台となります。
 旧弘前市立図書館は、弘前市の歴史および弘前市民の記憶を伝える建築物であり、弘前の文化の持続・共有を語るには欠かせない、弘前市民の知の象徴といえます。そういう歴史的建造物に、弘前に縁のある現代の3名の作家が版画、製本、インスタレーションなど、それぞれのスタイルで展示に挑みます。
知的空間の中で作品たちは静かに語りはじめるでしょう。
是非この機会に歴史とアートに触れてみてください。  


出展作家
橋本尚恣  斎藤啓司  関 典子

2017年 10月20日(金)〜 11月12日(日)
9:00 - 17:00
※ 会期中無休
※ 最終日 11月12日は 9:00 - 12:00

入場無料

旧弘前市立図書館
弘前市大字下白銀町2-1 追手門広場内


主催:弘前アートプロジェクト実行委員会(「平成29年度 弘前市市民参加型まちづくり1%システム」対象事業)
後援:弘前市教育委員会、弘前大学、弘前商工会議所
協賛:弘前市中心市街地活性化協議会、蟻塚学建築設計事務所、NPO harappa
問合:弘前アートプロジェクト実行委員会事務局(NPO harappa内)
電話 0172-31-0195
E-mail post@harappa-h.org






[PR]

# by aura-21 | 2017-09-25 23:59 | 個展/グループ展 履歴
2017年 09月 02日

プリン同盟 青森支部 in 楽市楽座 ( 善知鳥神社 )

c0156162_14414906.jpg
写真提供:奈良岡真弓さん(ありがとう)


AOMORI 楽市楽座 にお誘いいただき ブース出店しました。
丁度 盛岡では「プリン展」も開催されています。
今回は 青森支部 メンバーで 丁シャツや小物を準備しました。
スイーツ小物作家のMIMYさんにも プリンのマグネットを提供頂きました。

丁シャツは 木版で刷りました。
いろいろ。

皆様 お世話になりました。
ありがとうございます。




[PR]

# by aura-21 | 2017-09-02 12:34