AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2003年 12月 07日

遅い朝食後、我家のすぐそばに出来た森内建築 設計の家の完成内覧会を見る。先月、かみさんと近所を散歩していてこの家を見つけた。先日内覧会の日を偶然教えてもらった。
吹き抜けの高い天上がある居間(対面キッチン付き)は天上と床の温度差がほとんど無い。快適な暖房のシステムと効果。まだ家具がないので所帯地味ていない。建築デザイン誌の写真の中にいるようだ。建築作品です。
家を見て歩いたからといって「家を建てること」は今のところ予定にはないのだ…。…が、かみさんは「建物探訪」とか「劇的ビフォー/アフター」の大ファンで欠かさない、「夢を膨らませるのは自由でしょ!」と睨まれた。





すこし体調不良…精神的なモノか…本当にどこかガタが来ているのか…
版画制作しててもなんだか絵に神経が通ってこない。
[PR]

by aura-21 | 2003-12-07 16:07


<< 弘前 北林 harappa      植松奎二展 誕生日 >>