AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 29日

自然の造形 無計画

踏みしめた雪の厚さがすこしゆるむと、とたんにタイヤがぬかるむ。
先日ネットで購入した雪道脱出具は車に載せているけれど、使う機会には出逢いたくないね。



16時近くになって市街地へ。
カドリーユでチャイ。
土曜日で若者で混んでいる。窓辺のカウンターの端に陣取って。
窓の外にみえる屋根。白く分厚い布団かあるいはロールケーキのスポンジのように、雪が軒先から半分滑り落ちて「自然の造形」を見せている。




夜と早朝のまだ暗いなか、布団にくるまって脳裏をかすめる不安感。
将来への不安、その要素ばかりがやたら拡大して重くのしかかってくる。
誰もが皆そのための準備を怠りなくしている、その普通のことを、私はまったく準備しないで生きている。
台本も読まずに唐突に舞台に立たされ逆光で見えない客席からの視線に冷たい汗ばかりが流れている夢を見る。
人生に準備も計画もなしで、どこへ行こうというのか。
[PR]

by aura-21 | 2011-01-29 23:31


<< デザイン高校生 長谷川さん      豆本 >>