AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 19日

車がない

敬老の日。
この区域の中学校で敬老会があるというので送ってゆく。
学校のトイレには和式しかないことが老人には苦痛という。
だから受付で記念品だけもらって帰ってくるという母。
玄関前でそのまま数分待っていた。
休日出校の生徒達が玄関前の階段で来る老人を優しく介護している。
生徒会かな。なんだか眩しいね。

ネットで母の「杖」を注文する。


アマゾンから届く宅配。本とCD。坂本美雨の「HATSUKOI」
c0156162_13184576.jpg

「Ring of tales」が気持ちいい。



昼過ぎから小雨の中を車であちこち。
注文した杖の代金を早速に銀行から振込んでから「サンロード青森」へ。
駐車場も休日で混んでいる。いつも停める階には空きがなく、そのひとつ上の階に車を停めて「百均」をうろつく。「何を買いに来たんだっけ?」買いたいモノがあって来たはずがちょっと思い出せなくなってしまう。棚を回遊しているうちに思い出すかな、と思ったがなかなかでてこない。不必要なものにばかり眼がいって買ってしまいそうだ。
そうそう版画に関係したもの「クッキングシート」だった。購入。
木版の摺りでパレンの当て紙にちょうどいい滑りと厚さ。
7月の鈴木吐志哉氏ワークショップの際に教えてもらった技です。

その後に1階のスーパーで食料を買って小一時間。
駐車場に戻ったら、、ぁらあ〜、、、、私の車が、ががが、、、ない!
焦る、、、、盗まれた?のかぁあ??
置いた場所を間違えた? しかしいくら広い駐車スペースとはいえ、間違える程に自分は耄碌していないはずだが???ここに違いない(と思う)。おろおろして車のキーのリモコンを何度も押してみるが周囲で反応する車両がない。置いた筈の場所には大きな黒いワンボックスカーが停まっている。階を間違えたのか? でも周囲の構造も同じだ。この列の一番端っこの柱の隣に置いた記憶に自信がある。
やばい、、、、、
車内に残した鞄にはカード類と一緒に車のスペアーキーも入れていたような、、、鍵をかけ忘れて鞄を漁られたのか? 自分は手提げ袋に携帯と財布だけを持って車を離れたのだ。、、、どうしよう。ぐるぐると心配事が頭の中で回転する。まずはここの警備の人に連絡しないと、、、と1階のインフォメーションセンターへ。
急ぐ時に限って下りのエレベーター前にベビーカーを押した夫婦が待っていて同乗、次の階でベビーカーに手こずりながら降りてゆく。ドアの開スイッチを押してあげて降りるのを待つ。
その間も、先日職質された警官のことを思いだし、彼らの犯人追及の捜査力に頼る気持ちになってみたり、車窃盗集団の巧妙な技で車は既に使えそうな部品は全てはずされ山林の人気のない所に打ち捨てられてるんじゃないと、妄想が垂れ流れるに任せて。て。て。て。あぁ、膝がガクガクしてきた。
1階のエスカレーター横のインフォメーションセンターにいる2名の女性に
「駐車場で車がなくなったんですけど、、」と言って驚かれる。
「でも、私の記憶違いかもしれないんですけど、、」と記憶の弱気。
車種とナンバーを話している間に警備の方が一人来てくれて駐車場へ向う。
百均の所から階段で上がって、そこのドアから緩やかなスロープを登ったフロアーに置いたのですが、、、一緒に行ってもらって、そのフロアーに行ったら、、、
あれっ、、、、在る!、、、なんで?
さっきと同じフロアーの風景なのに手品のように大型ワンボックスカーが今度は消えて、代わりに自分の小さな車がある、、、のだ。これはまさしく手品だ手品だ、、、イリュージョ〜ンだぁ〜。
普段には停めない場所に駐車すると場所の感覚が狂ってくるのか。そしてそこへの行き方を間違えるとますます空間感覚が誤作動して勘違いするようなのだ。(言い訳がましい)
「よかった」と安堵したのと同時に警備の人に「すみません、ありました」と面目なし。
その警備の人も慣れているのか、ニコニコして自分の部署に戻って行った。
老人性の行動だ。もう車があってよかったことよりも、自分の加齢と脳の誤作動に、自分で自分が信じられなくなってきた。まずい。。。。っす。


ドンキホーテとイトヨへ廻る。ここも駐車スペースが混んでいて空きがない。何台もが周回して空くのを待っている。青天井の駐車場だから階層を間違えることはないだろう。しっかりキーだけはかけ忘れないように、などと自戒。
ドンキで詰め替えのシャンプーとヨーグルトなどを買う。
向いのイトヨのケンタでチキン。

雨の連休最終日。
ヒヤッとして、ホッとして、トホホと自分に呆れて帰る。





夕食後にも木版を摺る。








にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-09-19 22:55 |


<< 彼岸 展覧会告知      すりすりすり >>