AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2001年 01月 22日

告白

あえて告白すると、、、新年明けてからぜんぜん銅版画に触れていない
…もう22日が過ぎた。ぼやぼやしてると1月も終るぞい。ということは1年の12分の1が終ったことになる。なんだか恐ろしく時の経つのは早い。
銀座の貸し画廊空間は一般的に1週間単位で作家に使われる。単純に1年52週間としても休みの時や2週間以上に跨いで展覧会がある時などを考えると1年の利用者は40人ぐらい…そんなにもいないという見方もあるが…。
1年はどこでも1年のはずだ。
[PR]

by aura-21 | 2001-01-22 13:23 | 雑感


<< 叫ぶ?      極私的に >>