AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2001年 01月 23日

叫ぶ?

パソコンを大活用させているわけでもないので、今でも購入時からのままバージョンの古いOEやIEやNetscapeを問題なく使っている。パソコン雑誌の付録CD-ROMにはフリーウェアで新バージョンのものが続々掲載されていて、使い勝手の慣れたものから乗り換えるのに「どうしようか?」と戸惑ってしまう。詳しい設定方法など間違えて問題を大きくしてしまいそうだし…。1度どこをどうやったのか、アイコンパレード以前に止まる「立ち上がれない」状態のトラブルに陥ったことがある。それが恐くて必要以上のものをインストールしないよう(インストールという作業自体必要最低限にしよう…と)考えてしまうのだった。
実際によく使うのはHP管理とEメールとちょっとした画像の印刷くらいだしな〜、いかんな〜もっと勉強せにゃ〜


今朝も雪、積もってました。我家の前の積雪は40cm位かな。


「心の叫び」…という月並な言い回しで主に若い人の「表現」を指していう場合がいまだにされるが、生な「叫び」を聞きたい心境にはなかなかならない。ちゃんとセルフコントロールされたものでないと気恥ずかしい気分になってしまう…申し訳ないが…。通過儀礼のように「心の叫び」は若い時に誰にもあることだと思っている。それが「叫び」である以上はまだこちら側に新鮮に響くよりも前に同情したくなるニュアンスのほうが大きい。病んだ心の叫びというのもあろうかと思う。私自身も病んでいる類の人間である(?)と思っているから「病む」ことのある種の必要性には抵抗なく同感だが、心の叫びを外部に漏らす前にもっと「病み」を深く潜行させて熟成し自分のものにして欲しい…という感覚がどこかにある。
[PR]

by aura-21 | 2001-01-23 13:24 | ART


<< やってしまった      告白 >>