AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

2007年 07月 08日 ( 1 )


2007年 07月 08日

C-POINT(鯵ヶ沢)

今日も快晴。暑いほど。

NHK「日曜美術館」をみてから鯵ヶ沢のC-POINTへ。
途中で道に迷いとりあえず遠くに見える岩木山を目印に農免道路を走る。急に見慣れた道に飛び出し鯵ヶ沢へ。段々近づくと何故か渋滞…これもC-POINTの盛況ぶりか。日本海拠点館ではすんなり駐車場へ、ラッキーなのか?
拠点館のホールではワークショップ。今回は藁を使ったものとか。午前の部が終わり丁度片付け中だった。実行委員の相馬さん夫妻とモヒカンの花田さんにお会いする。相馬さんより昨年のWSの時に手伝ってくれた方々へ渡しそびれた「特製手ぬぐい」をお預かりする。みんなに渡さなきゃ。

ご近所のPote-Aさんも友人と2人でお見えのはず。見つけられなかったぞ。どこに?もう一度拠点館に引き返すと携帯が鳴る。どうもお互い近い場所にいるようだ…と思ったら向こうで手を振っている、合流。お友達のNさんをご紹介される。
一緒に昼食。長谷川牧場の豚丼とかスープカレー、パン、ソーセージ、飲み物。いろいろ買ってAさん持参の敷き布を拠点館の日陰に拡げて食事。風も通り抜けてすゞやか。
食事してからクラフトショップのブースをまた見て歩く…端まで一巡。私は二巡目。

今日の買物は小皿とスプーンと灯明皿(サラダ油を使って付ける)などをゲット。
安田さんのブースに辿り着いた時には予算を使い切っててすいません。安田さんの器はまた今度絶対に。

Aさんたちと分かれて深浦まで車を飛ばす。右手に傾いた夕陽、窓から入る風も心地いい。
深浦町立美術館が開館してからまだ行ってない。もう16時を過ぎて開館時間にはたぶん間に合わない。外観だけでもと千畳敷をこえ海の反射に眼を細めながら走る、走る。
美術館は旧 北前船の館をそのまま転用しているようだ。外観を残して町役場の向いに建っている。では北前船の館はどこにいったのかというと古刹 円覚寺のすぐ隣に新たに建てていた。内容的にもこの寺と近くあった方が観光にも向いている。まぁ、そこも17時を回ってて既に閉館ではあったけれど。もうすこし走るとウェスパ椿山で夕陽を眺めながらの温泉…というのも考えたが、帰りが真っ暗になる。今日は陽に晒されてただけでだいぶ疲労している。ここが今日の折り返し地点だ。
ただただ行って帰っただけの深浦だが、夕陽と風に浸れて気分は上々。話相手がいないのが少し寂しいが、黙っているだけで済むので気楽なものか…と考え直して、アクセルを踏みこむ。

再度、鯵ヶ沢を抜けて青森へ。鯵ヶ沢といえば「イカヤキ」でしょ、焼いてます、車を止めて出るといい匂い…
若いアベックが目立つイカヤキの行列。空いてる店を選んで「生のまま二枚ね」とお土産。
[PR]

by aura-21 | 2007-07-08 20:02